内視鏡検査予約と肛門科診療ならみやけ医院/北見市本町3丁目7-21

みやけ医院 胃腸内科・肛門外科・外科

電話アイコン

0157-24-4976

診療時間はこちら  休診:日祝

ご予約はこちら

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは?

大腸の粘膜に炎症がおき、粘膜がはがれたりただれたりする病気です。

どんな症状がでますか?

繰り返す腹痛、出血(どろっとした赤黒い便のことが多いです)、下痢 です。

治療法はありますか?

現時点で根治することができない病気です。そのため難病指定されています。 お薬を適切につづけることで落ち着いた状態となり(寛解状態)通常の生活を送ることが可能です

どんな人に発症しますか?

男女差はなく、20~30歳代での発症が増えています。患者数は年々増加しています。珍しい病気ではなくなっています。

みやけ医院での診療

当院では軽症〜中等症の患者さまに対して日常の投薬、定期的な内視鏡検査等を行い、寛解状態を維持できるよう管理しています。

どのような検査をしますか?

便潜血検査
 血液検査
 内視鏡検査
炎症反応などを確認しています

大事なことはなんですか?

お薬は調子がよくなってもやめないようにしましょう。改善、悪化を繰り返すと最終的に大腸ガンになるリスクがあがるといわれています。

他に注意点はありますか?

寛解期になれば特別な制限はありませんが、適量で栄養バランスの取れたものを心がけましょう
 活動期には高エネルギー、タンパク質をしっかりとり、消化の良いものを心がけましょう

潰瘍性大腸炎の治療には国や自治体からの様々な支援制度がもうけられていますのでお尋ねください。当院には難病医療費助成制度を利用できる難病指定医います