内視鏡検査予約と肛門科診療ならみやけ医院/北見市本町3丁目7-21

みやけ医院 胃腸内科・肛門外科・外科

電話アイコン

0157-24-4976

診療時間はこちら  休診:日祝

ご予約はこちら

痔の日帰り手術について

痔の日帰り手術のメリット

拘束期間が短い!

通常、肛門の手術をする場合最大1週間ほど入院するケースもあり、痔の手術は拘束期間が長い傾向にあります。当院で行うことができる痔の日帰り手術は文字通り入院を必要とせず、朝に来院すれば夕方にはお帰りになることができます。

費用が低単価で収まる!

入院を必要としないため当然のことながら手術に必要となる費用は低額に収めることができます。もちろん保険適用であるため、1~3万円程の自己負担で手術を受けることができます。手術の種類により費用は異なりますが、入院の場合と比較して安価になることは間違いありません。

生活への影響が少ない

デスクワーク程度であれば痔の日帰り手術の次の日から勤務が可能となり、社会人生活への影響も非常に少ないです。費用面、身体面においても自身にかかる負担が少なく、日常生活にいち早く復帰することができます。

対象になる方

おしりの診察で痔核の程度を当院の医師が判断し、手術の必要があるのか、日帰り手術が可能なのか診断します。痔の日帰り手術を希望される方はまずは一度当院にご相談ください。
医師が入院の必要があると判断した場合は、当院の医師が北見赤十字病院の開放病床を利用して手術を行います。

日帰り手術の種類

痔核硬化療法

痔核硬化療法とはジオン注という注射剤を痔(内痔核)に注入し、痔を硬くすることで生活に支障が出ない形にすることができる手術です。ジオン注には痔の血液量を減らす役割があり、痔を切る手術と比べて体に与える負担が非常に少ないことが特徴です。

痔核根治手術(結紮手術)

入院を必要としないため当然のことながら手術に必要となる費用は低額に収めることができます。もちろん保険適用であるため、1~3万円程の自己負担で手術を受けることができます。手術の種類により費用は異なりますが、入院の場合と比較して安価になることは間違いありません。

生活への影響が少ない

痔核根治手術とは痔を直接切除し紐で縫い合わせる手術です。痔の根治を目指した手術であり、結紮手術とも言われています。痔核の手術としては最も基本的な手術方法であり、治療力が最も高い手術方法です。

日帰り手術の流れ

①手術前日

手術前日は午後9時以降はお食事はおとりにならないでください。 水分はとられて大丈夫です。

②手術当日~来院~

朝9時に来院してください。お部屋にご案内します。病衣に着替えてお待ちください。
貴重品は貴重品用のロッカーがありますのでスタッフにお申し出ください。

③手術当日~準備~

手術前の処置として浣腸で腸をきれいにして、その後点滴をします。
10時半頃に手術室にご案内します。入室後、血圧測定します。

④日帰り手術開始

手術の体制(うつぶせ)になり、点滴から鎮静剤を静脈注射します。その後おしりを冷やして痛みの感覚を鈍くした後に局所麻酔をします。
手術時間は通常の痔核で20分〜40分程度です。

⑤手術終了後

手術後は病室で点滴しながらしばらく経過をみます。鎮静剤が覚めるまで1〜2時間程度かかります。目が覚めたようでもふらつくことがありますので指示があるまで安静にするようお願いします。
全身の状態がおちつき、安全を確認してから帰宅の準備をしていただきます。診察を受け手術の説明を受けてから帰宅していただきます。

よくある質問

Q.痛いですか?

手術では鎮静剤と鎮痛剤を静脈注射したあと局所麻酔を使用しており、痛みは一切ありません。ご安心ください。
検査後も鎮静が切れ安全に帰宅できるまで院内で休憩していただきます、必要に応じて鎮痛剤の点滴や内服を用意しておりますので安心してください。

Q.費用はどのくらいですか?保険は適用されますか?

基本的には保険が適用されます。
保険適用で自己負担金は1~3万円程になるケースが多いです。

Q.仕事にはいつから復帰できますか?

デスクワークであれば痔の日帰り手術の次の日から勤務可能です。
運動を伴う場合は術後2週間は控える必要があります。