内視鏡検査予約と肛門科診療ならみやけ医院/北見市本町3丁目7-21

みやけ医院 胃腸内科・肛門外科・外科

電話アイコン

0157-24-4976

診療時間はこちら  休診:日祝

ご予約はこちら

逆流性食道炎

このような症状でお困りではありませんか?

  • ・胃酸の逆流症状
  • ・喉や胸のつまり感がある
  • ・胸の灼熱感、痛み
  • ・なおりづらい咳
  • ・胸焼けがある

このような症状の方は逆流性食道炎もしれません。医療機関にまず相談をしてみてください。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは

胃にはいった食べ物は胃の中で閉じた空間で消化されてから小腸に流れていきます。しかし逆流防止のための筋肉のしまりが悪いと消化液が食道に逆流して炎症を起こして様々な症状をおこします。この炎症が起こってしまっている状態を逆流性食道炎といいます。

逆流性食道炎の原因

食道裂孔ヘルニアが逆流性食道炎の原因です。食道裂孔ヘルニアとは食道と胃のつなぎめが横隔膜より口側(つまり胸の側)にずれていると逆流防止のための筋肉の力がうまくはたらかないことがあり、逆流性食道炎の原因となります。

他に食道の筋肉の緩みがおきる原因として以下のようなことが考えられます。
ふとりすぎ、年齢、たばこ、飲食の習慣(アルコール、炭酸飲料など)喫煙
上記の内容が該当する方は要注意です、気を付けましょう。

逆流性食道炎の治療方法

生活習慣の改善

夕食から就寝まで3時間以上あけるようにしましょう食後はすぐ横にならずにすわってゆっくりしましょう。

逆流性食道炎の治療方法イメージ

お薬をのむ

胃酸のコントロールをお薬ですることで症状は楽になります。長期間続けても安全といわれていますので、長くつづけるのが大切です。

胃カメラ検査を受けてみましょう

まずは胃カメラ検査を受けてみて正確な診断を受けることが大切です。時には手術が必要なこともありますので、まずは胃カメラです。

みやけ医院の消化器専門外来

みやけ医院では消化器・胃腸内科専門外来を行っており、逆流性食道炎の方の治療を数多く対応しています。当院の逆流性食道炎の治療では生活の指導から薬の処方、必要に応じて胃カメラ検査での経過観測まで丁寧に行っています。胸焼けで苦しまれている方はまずは一度当院までお気軽にお越しください。